サッカースパイクのソールはがれトラブルが起きないようにお手入れをしよう

scaution03サッカーは激しいスポーツです。またボールを足で蹴る時の足への負荷は相当な物だといいます。
そこでサッカースパイクが重要になってくるのです。普通の靴でサッカーをした場合は出来ないことはありませんが、ドリブルも滑ってしまったり、蹴るときも足先が痛くてボールが飛ばないなどの問題が出てきます。そして何より普通の靴ではすぐ破けたり駄目になってしまうでしょう。 サッカースパイクの重要性はこういったところにあると思います。
しかし、サッカーをするのに最適で丈夫に作られたサッカースパイクでも毎日練習していると、故障トラブルも付き物です。
中でもソールはがれが最も多いと言ってもいいでしょう。それだけ激しいスポーツなのです。
ソールとは靴底の事です。ここが剥がれる事が多いのです。
ソールはがれ原因は、地面と靴の間で摩擦が起きる事によりソール部分に熱が加わりアッパーとソールをつなぎ合わせる接着剤が溶けてしまって接合が弱くなってしまうのです。その他にもミッドソール、靴の内側部分ですがここにダンボールを使用しているサッカースパイクが大部分です。雨などに濡れた状態で長時間使っているとダンボールが緩んだ状態になり、これもソールはがれ原因となります。
頻繁に買い替えるのも大変ですので、ソールはがれ用の接着剤を使ってくっつけるという対応もありますが、激しいスポーツだけにまたすぐ剥がれてしまうようです。そういう場合は、修理であれば専門店に頼んだ方がしっかりと直してくれると思います。何度も接着剤を付け直すよりはいいと思います。
また、サッカースパイクのソールは剥がれやすいのできちんとしたお手入れをしていれば、あまり故障も無く長持ちもします。
普段のお手入れが不具合の軽減にも繋がるのです。
サッカースパイクのお手入れの注意点を挙げてみます。
まず第一に汚れを落とす事。固く絞った雑巾やシュークリーナーで丁寧に汚れをふき取ります。 土やアッパーとの接合部分にたまった砂や小石などもきちんと取り除く。汚れのひどい時は手早く水洗いをします。
乾かした後はシュークリームなどで革に潤いを与えて栄養を取らせます。雨の日の使用で硬くなってしまったら、ミンクオイルを良く染み込ませて、コンディショナーを塗って柔らかくする。
日陰の風通しの良い所で形を整えてしっかり乾かして保管しましょう。
また、アウトソールとアッパーとの接合部分のすきまに塗ってソールはがれを予防する剥がれ防止剤もあるのでこれを塗っておくのもいいでしょう。
大事なサッカースパイクです。いかにトラブルなく長く使えるか考えてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA