カテゴリー別アーカイブ: 注意点

サッカースパイクの汚れ、トラブル等の時の注意点

scaution06サッカースパイクは使われている素材によってお手入れ方法が異なってきます。まず、お手入れする前に靴紐を緩めて作業がしやすいようにします。そして靴底に付いた泥や土を金ブラシを使って落としていきます。金ブラシは靴底だけに使います。皮部分に使いますと傷がつきトラブル原因になりますので皮の部分は柔らかめのブラシや使わなくなった古い歯ブラシを使用した方がいいでしょう。まず表革素材が天然皮革の場合はシュークリーナーを柔らかめの布などに取り、甲皮全体に軽くこすり付けるようにして汚れを落としていきます。汚れがひどい場合は始めに毛ブラシやナイロンブラシ等で軽く汚れを落としていきます。また甲皮が黒のスパイクにはシュークリームブラックを、シュークリームクリアーを使い、むらなく塗りつやを出して下さい。強くやりすぎると革が痛みやすくなりますので、優しくやるよう心がけましょう。シュークリームは革を柔らかくしなめらかに保ちます。また足なじみもよくなります。そして裏皮のスウェードやヌバック等には毛ブラシ等で汚れを丁寧に落としていきます。そして再度、ブラシをかけ風合いをソフトに整えます。そして防水や汚れ防止のためにシューズ用防水スプレーをします。そうする事で汚れが付きにくくなります。その他の人口皮革、合成繊維などには水で濡らした布を使用します。シュークリームなどの皮革油を使用する必要はございません。汚れがひどい場合にはシューズ専用シャンプーか中性洗剤を用いて下さい。合成繊維のサッカースパイクは洗浄後、すすぎ水が濁らなくなるまで十分にすすいで下さい。すすぎ不足は靴本体の変色などの原因になります。特に中敷きなどのスポンジ素材は洗剤が落ちにくくなっていますので十分に注いで下さい。すすいだ後は白い布などを中に入れ形を整え、風通しのいい場所に干してください。サッカースパイクが雨などによって濡れた際にも、乾いた布で軽く水気を取り、型崩れしないようにスパイクの中に白い布やシューズキーパーを入れ、風通しの良い場所に干しておきます。シューズキーパーなどを入れる事により型崩れを防ぎ、また使う時に楽にはけるようになります。サッカースパイクの内側も除菌効果のあるウェットティッシュなどで軽く拭き取りましょう。臭いやカビ防止にもなります。サッカースパイクをより長くお使いいただくための注意点は汚れをすぐに落とし、湿気の少ない風通しのいい場所に干し、保管する事です。

破れたサッカースパイクは怪我トラブルの素

scaution05毎日泥だらけになって、サッカーボールに青春の全てを賭けている我が子を見ると親としては何もできないけれど応援したいという気持ちになりますよね。
サッカースパイクは毎日使うものですし、自分に合ったものを買ってあげたいと思うのが親心です。しかしいくら消耗品とはいえ
金額的にも決して安いものではありませんし度々破れたサッカースパイクを見せられると、また買い換えなくてはいけないのだと
いくら親でもうんざりしてしまいますよね。
しかし、勿体ないからといってそのまま破れたサッカースパイクを履き続けてしまうのは怪我に繋がりますし足のトラブルを引き起こしてしまいます。
高校生の男子が毎日部活でサッカースパイクを履いた場合、消耗品ですから痛みます。練習量や内容にもよりますが
平均寿命は早くて3から~4か月、だいたい半年くらいで破れたりしてしまうようです。
値段も平均1万円以上の物を履いているようなのでこれを3か月おきに買い換えていたら結構な出費です。しかし先にも述べたように勿体ないからもう少し履きないと無理をして破れた物を履かせていると怪我につながってしまいます。そもそも何故サッカースパイクを履くのかと言うと、激しい動きの中で固い地面やボールを蹴る衝撃から足を守る為です。特につま先部分などは破けやすいようですので、そのまま破けたシューズを履いていると、何のガードも無い素の状態でプレイしている事になってしまいます。強い衝撃を受けて指先を捻挫や骨折してしまったり、地面に引っ掛かって転倒し手や頭など他の部位への怪我や、更には別の選手を巻き込んでしまうといったケースもありますので気をつけましょう。頻繁に買い換えるのが大変であれば修理してくれるお店もありますので、早急に手を打ちましょう。
また、あまりに頻繁に破けるのは自分の足に合っていないのかもしれません。購入する時にしっかりと履いてみて本当に自分に合っている物を選びましょう。
選ぶ時の注意点は自分の足のサイズ、形に本当にあっているのか。横幅や甲の高さは合っているのかどうか。
形やサイズの合わない靴は、自分のプレイが満足に出来なかったり、足への負担にも繋がります。
試し履きをする時は、普段練習中に使用しているソックスも持参してきちんと履いた状態で履いてみる。夕方は足もむくむので日中の方が良いでしょう。
履いたまま、固い所に立ってみたり指先を靴の中で動かしてみます。窮屈すぎてもいけないしあまりに余裕があり過ぎるのは大きすぎるので注意します。
かかとのスタッドが履いていて違和感がないかどうかも大事です。
何足か色々なメーカーの物を履いてみて自分に合うものを選び、極力長持ちするサッカースパイクを見つけましょう。